添乗員同行の安心感

添乗員付きのパッケージツアーは、同じ旅行先で同じようなプラン内容のツアーの中では高い部類に入るでしょう。
添乗員は向かう観光地の勉強にもかなり力を入れます。
たとえ初めて行く観光地であってもお客さんを案内できるくらいの知識を付けておかなければいけません。
また旅行の行程を頭に入れた誘導も必要ですし、お客さんの安全面にも考慮しなければいけません。
大げさに言えば、人の命を預かるほどの仕事です。
さらに旅行を楽しんでもらえるようにお客さんを案内しなければいけないのです。
人としての高いコミュニケーション能力も要求されます。
お客さんの要望も聞き入れながら、できることとできないことを判断して、あるときはお客さんの要望を断るという場面にも出くわすでしょう。
しかしその際に、いかにお客さんに不快感を与えないで納得してもらえるか、ということも添乗員の腕にかかってきます。
若い人たちは比較的自分たちで旅行の手配をしてしまうケースが多く、パッケージツアーに参加しても、添乗員が同行しないプランを選ぶことが多いでしょう。
逆に中高年の人たちは添乗員が同行するプランのほうが安心できるかもしれません。
観光地でも添乗員や、海外ならば現地ガイドの案内に聞き入ることが多いのではないでしょうか。
最少催行人数が多く設定されている団体旅行ならば添乗員が同行してしかも旅行代金が安い場合もあります。
旅行先によっては添乗員がいたほうがいい場合もあるかもしれません。
いろいろなプランを見比べてみましょう。

話題のツアーを知ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017ツアー旅行が実は便利なわけ〜個人で行けない・でも行きたい!〜.All rights reserved.