海外現地手配では知識と経験、人脈が必要

日本国内においては旅行会社を運営するには免許が必要になりますが、海外においては免許制度がない国もあります。
現地発着オプショナルツアー会社や現地での宿泊先や現地ガイドの派遣などの手配を引き受けるランドオペレーターという業種もあります。
さらには現地ガイドとして活躍するのにも免許や資格を必要としない国もまだまだあります。
日本人向けにそれらの業務を営む現地法人であれば、知識や経験があれば独立して自分で会社を興して受け入れ手配全般を行うことができるのです。
ただし、独立してもお客さんを呼び込めるかどうかはわかりません。
それまでの仕事を通じて信頼を得てきた取引業者などと協力して仕事をすることはできます。
また日本の旅行代理店などからも、信頼を得ていれば仕事が回ってくるかもしれません。
何事にもそれまでの経験がモノをいうのは間違いないでしょう。
真面目に、そして確実に業務を遂行していけば、実績が積み上がってきます。
それはまた信頼にもつながり、さらなる業務の拡大に繋がるでしょう。
積極的にさまざまな方面に関わっていけば、業務に別の展開が生まれるかもしれません。
自分で事業を興すということは、一時的にではなく長期的に見込める仕事を育てていくことも大切なのではないでしょうか。
海外の現地ツアー会社においては、現地に滞在することがアドバンテージになってきます。
その利点を最大限に発揮しつつ信頼を得ていけば、将来像も見えてくるのではないでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017ツアー旅行が実は便利なわけ〜個人で行けない・でも行きたい!〜.All rights reserved.