旅行代理店の活路

旅行をするというのは、いつの時代でも大きなイベントであります。
そもそも旅行の起源というのはあるのでしょうか。
旅は、古くは狩猟のための移動であり、田畑を耕すための場所を探すなどというところに、ルーツらしきものがあるのでしょうか。
旅行代理店の起源のひとつとしては、奈良・平安時代の御師や先達などが挙げられるようです。
神社仏閣への参拝者を募るために、あるいは参拝者を案内するためにさまざまな手配をしていたようです。
現在の旅行代理店は、インターネットの普及もあって個人旅行が増える中、団体旅行の中でも特に修学旅行の手配をする機会が減っているようです。
生徒数の減少もありますが、各学校が独自で直接、旅先との交渉をしたり、体験学習を企画したりしているようです。
旅行代理店は、パッケージツアーの多様化と、少人数での催行にも対応できるような企画を立てたり、フリープランでも充実プランでも消費者が選ぶことができるような旅行商品のラインナップを揃えたりして活路を見い出しているのでしょうか。
航空券と宿泊がセットになったプランというだけでも、個人手配よりも安くてお得なプランというものもあります。
交通機関にしても宿泊先にしても、大量に仕入れることによって仕入れ単価を下げて販売金額も下げられる、そして消費者は通常価格よりも安いパッケージ化されたプランを購入できて、旅行代理店にも利益が生まれる、という仕組みでしょうか。
社会環境の変化によるさまざまなアイディアが再び旅行代理店業界を活性化させていくのでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017ツアー旅行が実は便利なわけ〜個人で行けない・でも行きたい!〜.All rights reserved.